読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

書く為のハードルを下げて、ブロガーへの第一歩を踏み出そう

Blog

ブログなんて、何書いてもいいんです。

ブログって、Twitterみたいに気軽に投稿できないし、ある程度のクオリティが求められるような感覚に陥りますよね。当然、「ブログで生計を立てる」のであればそれは間違いではありません。でも、普通の人は別にブログで生計を立てるわけでもないし、「ちょっとお小遣い稼ぎにでもなればいいなー」とか「暇つぶしになるしー」とか、それくらいの気持ちだと思います。

僕も同じで、別にブログで食っていこうなんて思ってなくて、ある程度の副収入と、横のつながりを目的にしてブログを書いてます。

ハードルが高いとどうなる?

さくっと書けなくなってしまうので、更新の頻度がガクンと下がってしまいます。もちろん質の高い記事のほうがユーザーから好まれるのはそうなんですが、まずはアウトプットの量がないと話にならないです。始めのうちは質より量で勝負してもいいんです。

アウトプットの量が少ないということは、当然、書く文字数が減っちゃいますよね。初心者はまずは量をこなすことから始まるというのに、これではいつまで経っても良い文章なんて書けないし、読まれるブログへの成長なんて、あり得ません。

とりあえず毎日何かしら書くことを目標にしよう

今日あったこと、思ったこと、やりたいこと。

なんでもいいからサクッとアウトプットする癖をつけましょう。イケダハヤト氏は毎日記事を量産しろ!と言っていますが、これは一理あって、「書く」という行為自体を生活リズムの中に組み込むことにあります。僕自身、文章を書くのはそんなに得意な方ではないので、流れるように書くことは、なかなかどうして、難しいものがあります。

この壁を乗り越えて、例えば毎日ご飯を食べるように、寝るように、お風呂に入るように、生活の一部にしてしまいましょう。そうすれば、自然と文章が書けるようになってくるはずです。

書き続けないとわからないこともある

ブログは基本、PDCAをグルグル回していかないとマネタイズできない性質を持っています。ユーザーが何を求めているのか、どういう記事がバズるのか、どういう時間帯によく読まれているのか。ただ好き勝手書いてアクセスがうなぎのぼりになるなんてのは、ハッキリ言って、妄想でしかありません。

ただ悲しいかな、こういうPDCAって記事をたくさん書いて母数が大きくならないと、正直ほとんど意味がありません。高校の数学で習いましたよね。母数はあればあるほど結果は正解に近づきます。

でも初心者のうちって、最初からいいものが書ける、マネタイズができると思ってしまうフシがあります。そしてそれができないからとすぐに諦めて、ブログで食っていくところまで行かないんですよね。まずは、短い記事でも、大したことない記事でもいいから、書いて書いて分析を繰り返しましょう。

色々考えるのはアクセスが増えてきてからでいい

PDCAを回すのは、ある程度の時期を過ぎてからでいいんです。

最初のうちは、書いて、ソーシャルで流してとかをやっていれば、程度の差はあれどPVは伸びていきます。でもきっとそのうち頭打ちになる。PDCAを回し始めるのは、そのタイミングでOK。まずは何も考えずに、記事数を伸ばしていくことだけ考えていれば問題ありません。

量があれば、それだけサンプリングできる記事もあるってことなので、読まれている記事、読まれていない記事。検索流入のある記事、検索流入のない記事ってのが、ちゃんと見えてくる。

ブログ運営、ブログ飯には答えがないだけに、自分で考えて、次どうやって仕掛けるかを考えないといけなくなります。もちろん、最初のうちは模倣で大丈夫。というか、最初のうちは絶対模倣した方がいい。そうした方が明らかに成長度合いは早いはずです。

おわりに

今日言いたいことは、とりあえず何でもいいから書きましょうということ。ま、これは自分自身に言い聞かせている言葉でもあるんですけどね。継続してブログ書いてれば、多少なりともPVが伸びるし、PVが伸びると正直書いててやる気も出てくる。そして自分のスキルも上がるし、ストックにもなる。いいことしかないですね。さ、明日は何を書こう。

そいぎんた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク