読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

ブログでも使えるテクニック満載!佐々木圭一著「伝え方が9割」

Community Building

あれ?うまく伝えられてない、、?

コミュニケーション力って、別に天からの才能じゃあないんです。かくいう僕は、FaceToFaceのコミュニケーションは、実はそんなに苦手な方ではないんですが、「文章」となるとてんでダメ。うまく強弱がつけられずに、のぺーっとした文章になってしまいがちです。

あと、思ってることポーンって言っておしまいとか。ホントは強弱つけたりうまく煽ったりした方が文章としては面白いですよね。今日はそんな文章に悩める子羊たちに、とある本のご紹介。

佐々木圭一ってどんな人?

今回読んだ本は、この本です。

伝え方が9割

伝え方が9割

この著者、佐々木圭一氏って知ってますか?僕は当然知りませんでした笑。

僕、基本的に著名人ってあんまり知らないんですよね。エンジニアですごい〇〇〜とか、世界的に有名な〇〇〜とか。一般常識としてどうかと思いますけど、まぁ、僕ってこんなもんです。知ったタイミングで覚えればいいんじゃないですかね?

話は逸れちゃましたが、佐々木さん、賞も結構取られてて、有名な方っぽいです。ググってみたらwikipediaにも載ってましたよ。

神奈川県出身。上智大学理工学部機械工学科卒業後、同大学院理工学専攻にて修士課程を修了。

1997年博報堂入社。[2]コピーライターに配属。

その後コピーの法則を発見[3]。カンヌ広告祭金賞をはじめ、数々の広告賞を受賞[2]。作詞家としても活動。

2005年〜2007年には、伝説のクリエーター、リー・クロウのもと米国でインターナショナルな仕事に従事[2]。

2013年、コピーライターとして培ったノウハウを、『伝え方が9割』(ダイヤモンド社刊、2013年)として出版。

同年末、博報堂を退社。クリエイティブ・ブティック、株式会社ウゴカスを設立。コピーライター、クリエイティブ・ディレクターのみならず、講演会の講師、テレビのMC、出演など、活動の幅を広げている。

2015年1月よりワタナベエンターテインメント[4]に所属。

ライフワークは、日本のコミュニケーション能力をベースアップさせること。

佐々木圭一 - Wikipediaより引用

使えるワザ連発!

まぁあんまり本の内容を書くわけにもいかないので、触りだけということで。コピーライターをやる上でのテクニックではありますが、ブログにも使えるようなテクニックがたくさんあったので、紹介させていただきます!

ノーをイエスに変えるテクニック

以下の点が、相手からイエスを引っ張り出すテクニック。詳細は書籍を読んでみてのお楽しみ。

  • 相手の好きなこと
  • 嫌いなこと回避
  • 選択の自由
  • 認められたい欲
  • あなた限定
  • チームワーク化
  • 感謝

一つだけ、書籍に載っていた事例を紹介します。

「驚くほど旨いパスタの店と、石窯フォカッチャの店どちらがいい?」

察しのいい人はもうお分かりかと思いますが、これ、要はデートに誘ってるんですよね。僕は男らしくデートに誘うなら「デート行こう!」って言った方がいいと思うんですが、ま、確かにコミュ力高い人はこういう誘い方してるような気がします。これは、「相手の好きなこと」「選択の自由」の複合技ですね。確かにこれ言われたらどっちか選びたくなっちゃうよな。。

グサッと刺さる文章テクニック

こちらも要点だけ。

  • サプライズ法
  • ギャップ法
  • 赤裸々法
  • リピート法
  • クライマックス法

こっちも、一つだけ事例を紹介しておきますね。

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」

この文章には、ギャップ法が使われています。正反対の言葉を繋げることで、インパクトが強められてるわけですね。「考えるな、感じろ」も同じ構成です。名言と言われる言葉を分析すると、大体、上記で紹介した何れかに分類されるとのこと。なんか、こういう言葉って、スキルじゃなくてセンスだと思ってたので、理論的に説明されて、目から鱗って感じでしたね。

ブログでの使いどころ

タイトル、煽り文章なんかではかなり使えると思います。まぁデートに誘うような場面はブログでは出てきませんが笑、共感を狙ったエントリを書くことはあるので、そこで共感を得るのに応用できそうですよね。

あと、選択の自由なんかも、使える気がしますね。商品3つ、A、B、Cを比較して、Cを選択肢から外した上で、「A、Bどっちがいい?」みたいに誘導するとか。

別にブログだけではなく、日常生活でも使えそうってのがポイント高いです。仕事って、なんだかんだで相手にイエスって言わせたら苦労しなくて済むので、このテクニックを身につけたら、仕事のストレスも減らすことができますよ!何気にこの本で紹介されているテクニックって、別に小難しいスキルじゃないので、誰でも実践投入できちゃいます。この本買って、明日から日常生活に取り入れましょう!

おわりに

ここだけの話、ヘタに文章力向上の本なんか読むより、全然役に立つと思います。今回この本、僕は図書館で借りたんですが、この内容だったら、購入してもいいかもって思いました。ぜひ身につけたいテクニックなので、手元に置いておきたいですよね。ちなみにこの本、結構売れたのか、続編も出ていますよ!こちらも要チェック!

そいぎんた!

伝え方が9割

伝え方が9割

伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク