読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

これが噂のはてブの威力か、、!あれよあれよとPVが伸びていた

Hatena

具体的な数は控えさせていただきますが。

先日書いた記事がなぜか結構はてブされてて、気づいたらびっくりするくらいのアクセスを叩き出していた。ホッテントリに入ると結構アクセス伸びるよーなんて話は聞いていたが、正直話半分で信じてませんでした。今、この場で謝りたい。ごめんなさい。

アクセスがたくさんあった記事

冒頭で述べた記事がこちらです。

mm4l.hateblo.jp

はてな玄人の方からすると、「えっ、2桁ww」とか思われそうですけど、僕自身、2桁ブクマを獲得したのは、これが初めてです。んで、そのたった2桁ブクマでも、僕にとってはそりゃあ膨大なアクセスが来たわけですよ。しかもその余韻は今日まで続いていました。さすがにもう収まった感はありますが。

読まれてる期間中は、アナリティクスのリアルタイムのとこ見てニヤニヤしてました。まさかリアルタイムみてニヤニヤする日が来るとは!また早くニヤニヤしたい!

何故そんなに伸びたのか?

わかりません。

僕は記事投稿時に、はてな側の設定で、TweetしたURLをブクマするようにしてるんですよ。んで、ブログ更新時にもTweetするから、自然とセルクマすることになる。噂によると、2-3ブクマでホッテントリに入るらしいので、以下の流れでここまで伸びたんじゃないかと。

  • セルクマする
  • 誰かが2-3ブクマする
  • ホッテントリに入って、みんなに読まれる。また、とりあえずブクマする層がブクマしてくれた
  • 以下、好循環

こんな感じだと思うんですよ。多分大体あってる。

記事の中身は濃いのか?

別に濃くない。むしろ薄い。

でも、それでも好循環が生まれればブクマされるんですよ。これは今回得た、非常に大きな経験です。要は濃くても薄くても、なんでも良いからホッテントリでPVを加速させることができる。

もし仮にそこで僕のブログを気に入ってくれたら、読者になってくれる(実際、今回も読者は増えました)。読者になってくれたら、その中の数人がブクマしてくれたら、また同じようにホッテントリに入れることができる。これは読者数が増えれば増えるほど、確率も高くなる。んで、そこの境地まで達したら、記事連投するよりも濃い記事を書かざるを得なくなるので、更に良質なユーザー層を獲得できるわけです。

ホッテントリ、最高ですね。

問題は、最初の数ブクマをいかにしてつけてもらうかなんですよね。僕のブログに流入してる人って、どこから来てるんだろ?この辺をアナリティクスで分析して、その層をターゲットに記事書けばよさそうですね。まぁ、そう簡単ではありませんが!

はてな様、ありがとうございます

僕のようなペーペーでもこういうことが出来るのは、はてなブックマーク、およびはてなブログの力だと思います。

なんせWordPressの頃は、全く読まれてませんでしたからね。それを知っているからこそ、はてなブログの良さがバシバシと伝わってきます。はてなに乗り換えてよかった。さらに言えば有料ブランにしてよかった。

これだけ褒めてるんだから、きっとはてなの中の人からヘッドハンティングされると思います。

そもそもセルクマするな説

個人的には、セルクマ、全然ありだと思います。

感覚的には、「ブログ更新したよー」ってTweetするのと同じ感覚。別に自分が書いた(しかも拡散させたい)んだから、告知して当然ですよね?確かに以前は僕もセルクマすることに対してちょっと抵抗がありましたけど、今はなりふり構わないので、全然やっちゃいます笑

でも、さすがにbot的なのはやりすぎかなと。

規約でも、かなりグレーゾーンですしね。さすがにそんなことして炎上した日には、二度と外に出られないくらい傷心します。いや、嘘ですけど。まぁでも、botはやりませんよ。少なくとも今の時点では、そう思っています。

おわりに

今回初めての経験で、ちょっとびっくりしました。おしっこ漏らすかと思いました。この経験を活かしてブログ運営という名のゲームを制覇したい!

そいぎんた!

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

スポンサーリンク

スポンサーリンク