読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

世間は夏休みに入ったようですが、弊社に夏休みはありません

Dark Sky Over A Blue Sea

お盆真っ盛りですね。

ニュースでも帰省ラッシュが起きていると聞きますし、どうやら日本全体が夏休みに入ったようです。で、かの僕はというと、お盆休みのない会社で働いています。といっても実際は、IT企業によくある、「好きなときに休んでいいよー」スタイルなので、全く不満はないんですけどね。

一斉に休む弊害

仕事的な部分で言えば、一斉に休んだら業務全体が止まります。

THE ワールドォォオオオォオオーーー!

はい。

それで良しとできる業界もあれば、そうは行かない業界もあります。主にサービス業では休んでなんかいられないっすよね。むしろ稼ぎどきっていう。でもそうでない企業でも、もし一斉有給の間に「何か」が起こったらどうするんでしょ?いわゆる緊急対応。

例えば車メーカーで、車が燃えた、とかなれば、原因究明に奔走させられますよね。でもこれが休み中の場合、初動が明らかに遅れます。ヘタしたら海外に行っててキーマンが誰も捕まらない、とか、十分に考えられますよね。過去にこういった事例はないんだろうか?いや、絶対あるね。あるある。

ってことで、一斉有給にすることは、業務上の弊害が発生してしまうんです。

一斉有給じゃなくて個々人が休みたい時に休めばいい

僕は断然こっち派。

休む側としても、「誰かは会社にいる」状態なわけなので、安心して休めますよね。ぐーたらしてもよし、アクティブに遊びに行ってもよし。心置きなくエンジョイできる。いいね!

さらに言えば、大型連休にありがちな、ラッシュラッシュラッシュ人混み人混みラッシュを避けることができます。あと、交通費も宿泊代も安い。繁忙期はどうしても高くなりますからね。これは市場の原理、需要と供給のバランスで仕方のないことです。

つまり、「休みはあるけど繁忙期は高いし人混みだしどこにも行きたくない」という人を外に出すことができます。外に出れば自然とお金も使うし、経済効果もある!

我ながらなんて最高な経済政策だろう。

おわりに

ということで、僕は来月辺りに夏休みをいただこうかと思っております。飛び石連休のところに引っ付ければ大型連休が、、(ヨダレ)

まぁ、その時の仕事の進捗次第ということで。

そいぎんた!

夏休み (角川文庫)

夏休み (角川文庫)

スポンサーリンク

スポンサーリンク