読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

書けば書くほど文章を書く速度は早くなる。確実に。

IMG_4271

最近、結構早くなった。

大体10-20分位あれば、1000文字程度の文章なら打てるようになった。もちろん考えに考え抜いた文章はそんな速度で打つことは到底出来ないけど、このブログに書いているような、雑記クラスの文章であれば、本当に、それくらいあれば十分だと感じている。

早くなった要因

これはひとえに、打って打って打ちまくったからだと思う。

といっても、それは別にタイピング自体の速度のことではなく、どう書けば良いのかが素早く脳内で生成出来るようになったという話だ。

僕は職業エンジニアなので、タイピング速度はそこまで遅いわけではない。かといって、メチャクチャ早いわけでもない。主観的な判断でいいのであれば、中の下くらいだと思う。

なので、早くなったのは単純に脳内処理。

ちなみに昔はこの程度の文章を書くのにも一時間位はかかっていた。

早くなると何がいいのか

もちろん、球数をたくさん打てるようになること。

ブログなんて、最初のうちは手数で勝負みたいなところがあるので、早く書けるってことは、それだけでアドバンテージになる。SEOを気にしたり、てにをは、全体の文章構成なんてのは、ぶっちゃけ初動では不必要。

むしろ、大物になったとしても、僕が定義する「ブログ」の範疇で書いている限りは、そんなものは考える必要は全く無い。

考えないといけない人っていうのは、ブログではなく、「アフィリエイト」よりの人間の方。アフィリエイトであれば、最終的にモノを買ってもらわないといけないので、そこに行くまでの導線、気持ちの揺さぶり、そもそも検索で来てもらうためのキーワード選定など、文章を書く以前にさせ考えることがたくさんあるから大変だ。

でも、僕らブロガーは、早く書ければなんだっていい。

ただし、道具選びも必要

僕が以前から推しまくっている、HHKB Lite。こいつは本当にいい。

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USBキーボード ブラック PD-KB200B/U

打感こそ上位機種に及ばないものの、コスパでみれば最高にいい。欲を言えばiPadで書きたい気持ちが溢れだしてやまないので、BTモデルが欲しいが、さすがにコレを買えるほど僕の懐は暖かくないからね。

騙されたと思って実践あれ

僕自身、最初はこんなに早くなるなんて、ぶっちゃけ全く思ってなかった。

むしろ僕は文章自体をあまり書いたことがなかったので、そもそも1000文字とか書くのすらきつかった時期もある。でも、今は特に何の苦労もなく、1000文字以上の記事を書いている。

ちょっとした解説記事とかだと、2000文字〜3000文字くらいになるが、これだって全く苦に思ってない。

人間、適応能力がすごいね。

おわりに

なんだかんだいって、知識より経験だと僕は思っている。実際、やってみないとわからないことって、数多くある。でも、ブログにおいては、結局書くのは自分なんだから、なんでもかんでも、やってみた方がいい。

そいぎんた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク