読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいうーごはん

うま飯食うための日頃の行い

「いつもの」生活をなんとかしないといけないと思い始めた

hawksley workman THEサラリーマン生活。

平日は会社と家の往復で、休日はダラダラ生活して。こんな生活を送ってていいのだろうかという疑問がふつふつと湧いてきた。まぁ、これでいいわけがない。やりたいこと、やらないといけないこと、全部後回しになっている。

「今」の生活ってこんな感じ

だいぶ簡略化して書くと、

平日は、

  • 起床:8時30分
  • 出社:10時00分
  • 退社:22時00分
  • 自由:26時00分まで
  • 就寝:26時00分

休日は、

  • 起床:13時00分
  • 自由:27時00分まで
  • 就寝:27時00分

だいたいこんな感じ。この自由時間が曲者で、明確になにをするっていうのを決めていないせいもあって、ついダラダラ過ごしてしまう。本当はメディアの方をガッツリやったり、プログラミングの勉強をしたりしないといけない、と思っている。

「あるべき姿」の生活ってこんな感じ

平日は、

  • 起床:7時00分
  • ニュースチェック、ブログ執筆:8時30分まで
  • 出社:10時00分
  • 退社:20時00分
  • ジム:22時00分まで
  • 読書:23時30分まで
  • 就寝:24時00分

休日は、

  • 起床:8時00分
  • ジム:12時00分まで
  • 外出:21時00分まで
  • ブログ執筆:23時30分まで
  • 就寝:24時00分

こんな感じでありたい。ポイントは、ブログの時間を確保していること、会社の拘束時間を短くしていること、運動を取り入れているところ、休日も活動的になっているというところだ!(見たまんま)

でも多分デキる人たちってのは、大体こんな感じなんだろうと思っている。

拘束時間をいかに削れるかがポイント

やっぱり僕は「会社にバリバリ貢献するぜ!」っていうタイプではないので、適度にプライペートの時間も確保したいと思っている。

んで、プライベートはプライベートで、完全な遊びではなく、遊びと仕事を融合した感じにしたい。例えば、ブログ。プログラミングの勉強。などなど。

日本のエンジニアが勉強しないって調査結果が出ていたけど、これって単純に通勤時間含めた拘束時間がめちゃくちゃ長いから起きている特異な現象だと思っていて、ある程度自由な時間を与えれば、勝手に勉強するもんだと思っている。

もし自社の社員に勉強をしてほしいんであれば、拘束時間を少なくすることだ。どうせ残業代払ってないんだから、それくらいしていいんじゃなかろうかとすら思う。

おわりに

ルーティン生活には、いずれ飽きがくる。本当は仕事なんてしたくないんだから。

そいぎんた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク